Eri Tanaka

Business

田中 絵里

2010年入社
マーケティングソリューションカンパニー

多種多様なリソースを活かし、自身も会社も成長を遂げる

良いコンテンツを無料で届けるための基盤

私がヤフーに興味をもったのは、ちょうどヤフーがウェブマガジン「X BRAND」を展開したとき。雑誌の人気記事が無料で読めるサービスで、当時、雑誌が好きで出版社のアルバイトをしていた私にとって衝撃的なコンセプトでした。雑誌のようにクオリティの高い情報を、無料で多くの人に届けたい――いつのまにか抱くようになっていたそんな夢を叶えるため、ヤフーに入社したんです。

初めはなんとなく編集職に憧れていましたが、無料で良いコンテンツを提供するには、まず他の部分で利益を生まなければなりません。その基盤づくりに携わりたいと思うようになり、広告営業の部署に配属を希望しました。

まずは広告代理店向けの営業からスタートし、その後に広告主向けの営業担当に。クライアント様の課題をお伺いし、ヤフーにある地図やショッピングなど、さまざまなサービスと連動した提案などを行う中で、ヤフーの営業の醍醐味や楽しさを感じました。その経験を活かし、今のチームではコンサルタントという立場に。営業と一緒にクライアントの話を聞き、仮説を立て、ターゲットとなるユーザー層の興味関心などを把握することで、効果的な広告づくりに結びつけています。こういった取り組みができるのは、数多くのユーザーを抱え、膨大なデータ量を誇るヤフーだからこそですね。

手厚いサポートのなかで確実な一歩を

これまで順調にキャリアを積んでこられたのは、“育てる”という風土が社内に根付いているおかげです。入社直後の研修プログラムは、1対1での指導や営業・プレゼンの実戦トレーニングなど、手厚くサポートをしながら「自分で考え、やってみなさい」という自主性を重んじた内容。その甲斐あって主体的な行動が身につき、配属後もスムーズに業務へ取りかかることができました。また、「1on1ミーティング」などの面談が行われ、良い意味で強制的にビジョンを声に出させてもらえるため、成長の機会を与えられて、将来へのステップを確実に踏むことができています。

Yahoo!アカデミア」ではプレゼンの技術など業務に直結する分野を学べるとともに、ビジネスパーソンとしての自身を見つめ直すきっかけがありました。部署やチームを越える仲間ができたことも心強く、横の繋がりの大切さを実感。その繋がりは、複合的な提案をする際に、業務でも活きてくると思います。さまざまなユーザー層に渡って幅広いサービスを持つヤフーでは、いま担当している「広告」という手段にとらわれず、クライアントの課題解決を手助けできます。さまざまなリソースを組み合わせ、常に世の中の先を見据えて、オリジナリティ溢れる提案をしたい。多くの人に「ヤフーは新しいことをやっていてすごい」と思われる状況を作りあげることが、会社全体のステップアップにも繋がると信じています。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。